将来の人は1日3時間の労働になる

1930年 イギリスの経済学者ケインズが 「将来の人は1日3時間の労働になる」と論文で発表していました . 実際は進歩した現在でも 100年前と労働時間は同じです . でも よく考えると 「不満 不安 不便」を解消するための労働だった過去から 現在は物が溢れ 不便を感じることが少



このコンテンツはサイトメンバーに限定されています。 あなたが既存のユーザーであれば、ログインしてください。

新しく登録をご希望の方は、こちらより。

前の記事

A personal computer for childen of all

次の記事

WAWW beach house Part #1